2021年6月17日木曜日

勇気のいるお買物

こんにちは。担当の乃森です。

正式な梅雨入りが無いまま6月も後半に入りました。
ここ数日は雷、突然の雨、強い風と不安定な天候が続き、
夏らしさがさらに強くなってまいりました。
本日も雨が降りそうな雲行きになってきています。
突然の雨には気をつけたいですね。

ではお店の様子です。
さすがに「山菜ありませんか」というお客様もいなくなりましたが、
ワラビがまだ出てきています。フキもありますね。


キャベツが並びます。


こちらはズッキーニです。今年は縞模様のものと白っぽいものが出てきました。


生キクラゲです。
茹でて水にさらしてから辛子醤油でどうぞ。ワサビ醤油も悪くありません。


ブロッコリー、カリフラワー、中竹(淡竹)が入荷です。


先日もご紹介しましたが、ブロッコリーとカリフラワー、
見るからに形が同じで、種の起源が同じと容易に推察できますが、
ご先祖がキャベツとは到底結びつきませんよね。


こちらがご先祖らしいです。


そして玉ねぎ、春菊、オカヒジキが並びます。


サヤエンドウにアスパラガス。


キュウリです。


ジャガイモが出てきましたよ。
お隣にはツルムラサキ。夏野菜が増えてきています。


大根、二十日大根、それからナスです。小さなナス。


本日はアップルパイが出ております。
笹ゆべしとパウンドケーキもどうぞ。


先日から完売までのカウントダウンが始まった「引力カレー」です。


あれから2日が経って状況を確認してみると・・・。
減ってない・・・。
並び方が変わっているだけで減っておりません。
今や希少価値がついたプレミア商品と化した「引力カレー」。
残り20です。
残りたった20ですよ。

一方、気がついたら減っているのがダチョウの卵。


1個置かれていた跡が残っていますね。
ということはどなたかがお買い上げになったということでしょう。
まさか、盗まれたなんてことはないでしょうし、
ここから孵化したなんてこともないはずです。

ダチョウの卵を置いている側からこんなことを言うのもなんですが、
あれを買うのはなかなかに勇気がいります。
確かに話題性は抜群、アイテムとしても非常に面白い。
しかしながらそれなりに高価ですし、扱いも大変。
鶏卵換算でも結構な量ですので、調理も考えないといけません。
そこらへんも含みでお買い上げになられたんでしょうけど、
持って帰っていったその後の展開を見てみたい・・・。

そういえば買うのになかなかに勇気がいる別の商品が
過去にあったことを思い出しました。
なんであれが店頭に並ぶことになったのか、
今では定かではありませんが、それは「マムシ」です。
干したマムシです。お酒に漬けたりするやつですね。
あれです。
数日お店に並びましたが、
「気持ち悪い」ということで、即撤去になりました。
もう二度とお店に並ぶことはないと思います。

私がもしマムシを買って帰ったら
ダチョウの卵以上に大変なことになるでしょうね。
怒られるどころの話ではありません。
そもそも、家の前の道にいますしね。
猫がくわえて家に持ち込んだこともありますし・・・。

我が家はいったいどんなところに建ってるんだか。

お待ちしております。

2021年6月14日月曜日

20

こんにちは。担当の乃森です。

本日のキーワードは「20」です。
一体なんの数字でしょう。
オリンピック開催までの日数でしょうか。
今月の「父の日」のアピールでしょうか。
はたまた私の財布の中の残金でしょうか。
本日のさくらんぼの入荷数?
いえいえ、ちなみに本日のさくらんぼの入荷数は「0」です。

ではお店の様子を見てみましょう。
「20」を探します。

キャベツにリーフレタスが入荷しております。
足しても20には届きません。


ブロッコリー、レタス。
商品名の文字数を足しても20にはなりませんね。


オカヒジキ、サヤエンドウ、キュウリ、生キクラゲ。


野菜の様相が夏野菜に変わってきましたね。キュウリが並び始めました。
キュウリが出てくると夏の訪れを感じます。
ここにナスが加わるとさらに夏感アップです。


ズッキーニ、カブ、大根、春菊です。
一向に20が出てきません。


フキです。フキの長さが20cm。
もっと長いですね。


ワラビが出てきました。
もう本当にそろそろ終わりです。


生ニンニクです。
このまま素揚げをしたり、ホイル焼きなどでいただくと、
ホクホクとして美味です。


生のニンニクは殺菌作用が強いので、胃に負担をかけないためにも、
火を通して食べるといいですよ。

こちらも火を通してお召し上がりください。
大きな大きなダチョウの卵です。鶏卵と同じ用途でご利用いただけます。


そうか。ダチョウの卵の重量が20kg。
そんなに重いはずがありません。

入口横に並ぶ山アジサイです。
青、白、紅と何種類かございます。
鉢の総数は優に20を超えてますねえ。


20。なんでしょう。
しかもこれはカウントダウンです。
私の財布の中の残金でもほぼ当たりなのですが、
カウントダウンとなると20円から減っていく状況を考えにくい・・・。
ああ、これはもしかして、給料が振り込まれるまでの日数!!
あと20日。あと20日も・・・。
待てよ、逆から考えると前回の給料日から10日の内に使い果たしたということか?
あながち間違いではない。

うーむ。

横に5、縦に4。
5×4=20

ん?

横に5、縦に4。
5×4=20


むむっ!!

念のため陳列台の下を確認します。
そしてバックヤードの棚も確認。
製造元からは全量引き取っているはず。

そうか。いよいよか。

道の駅あさひまちのオリジナルレトルトカレー「引力カレー」との
お別れの時期が近づいてきているようです。


朝日町の2大特産「無袋ふじ」と「あっぷるニュー豚」を使用した
辛さがウリの本格カレーです。


お陰様で残すところあと20箱となりました。

思い出します。休日返上であーでもないこーでもないと
素人なりに宣材写真を撮ったり、
あーでもないこーでもないと素人なりに店頭ポップを作ったり。

そうですか。あと20ですか。
感傷に浸るままに私が残る20箱を全部引き取ってもいいのですが、
財布の中が20円近くしかないのでは、なんともしようがありません。

ここはやはりまだ試していらっしゃらない皆さまに、
朝日町の魅力がたっぷりと詰まったこのカレーをご賞味いただくほうがいい。

引力カレーが残すところあと20となりました。
まだお試しでない方、最後にもう一度という方でももちろん構いません。
最後までよろしくお願いいたします。
我が子の卒業式を迎える時ってこんな心情なんでしょうかね。
ええ?カレーと一緒にするなって?

お待ちしております。

2021年6月12日土曜日

暑い日にはこれ

こんにちは。担当の乃森です。

昨日は6月とは思えない暑さになりました。
外も暑い。事務所も暑い。家も暑い。
本日は昨日までとはならないかもしれませんが、
夏日の気温は確実に超えてくるでしょう。
今夏の先が思いやられます。
平年ですとちょうど今頃が山形県の梅雨入りの時期。
ですが週間天気予報を見てもあと一週間くらいは雨の様子がありません。
梅雨入りはいつになるんでしょうか。

さて、冬の間は見向きもしなかった方もいらっしゃるでしょうが、
こう暑くなってくると、無性に食べたくなってしまう。
そりゃそうです。暑いんですから。

外売店「アップルマルシェ」では各種ソフトクリームを販売中です。
スタンダードなソフトクリームをはじめ、すりおろしりんごソフト、
そしてオススメは角切りりんごが入った「完熟りんごソフト」です。
ソフトクリームの甘味とりんごの酸味が絶妙な味わいを醸し出します。


ああ、画像を見ているだけで食べたくなってまいりました。

外売店「アップルマルシェ」ですが、
ご迷惑をお掛けすることが時々ございます。
ソフトクリームを食べにきたのに閉まってる!!ということが・・・。
そんな時は店内へどうぞ。


朝日町産の食材を使ったカップアイスが並んでおります。
特に珍しいのが朝日町産のアーモンド。
アーモンドの原産地でなかなか国内を思い浮かべることもないでしょうが、
実はアーモンド畑が道の駅から徒歩数分のところにございます。
そこで採れたアーモンドを使ったカップアイスです。

さらに珍しいといえばこちら。
商品の蓋にも書かれておりますが、ダチョウの卵を使ったミルクアイス。


一体どんな味なんでしょうかね。気になりますね。
ちなみに、原材料もお店に並んでいます。
原材料。
そう、原材料です。
アイスの原材料。
牛乳ですって?いやいや違います。
こっちの原材料です。


決して鶏卵のドアップではありません。
ダチョウの卵です。本物です。
こんなものがあると、アイスよりも気になってしまいますね。
アイスよりも原材料が気になってしまうという方は、
こちらをお求めいただいても、話題性という意味ではこちらの方が上です。
おみやげにいかがでしょう。

この原材料から、これができて・・・


さらに同じ原材料から、こちらが生まれてきます。


そしてこうなり、


さらにこうなったりします。


ウインナーになったり、


ハムソーセージになったり、


2019年の食肉加工コンテストで金賞を取ったりもします。


やっぱり暑い日にはどうしても食べたくなってしまいますね。
みなさんもぜひ朝日町のダチョウをご賞味ください。
暑い日にはぴったりです。

あれ?ダチョウでよかったんだっけ?
冷たいものの話だったような・・・・。

お待ちしております。

2021年6月11日金曜日

カリフラワーの先は?

こんにちは。担当の乃森です。

朝から既に暑い・・・・。
6月に入っても全く梅雨の気配が感じられません。
梅雨に入ったという話も聞こえてきませんし、
この時期に真夏日を迎えている今、空梅雨以前に梅雨無し状態で、
本格的な夏に突入してしまうのではないかとさえ思ってしまいます。
今年の夏は大丈夫でしょうか。いつにも増して暑い夏とならないでしょうか。
オリンピックはコロナコロナという前に、熱中症が心配ですね。

暑い暑い本日。
冷房も稼働中の店内の様子を見てみましょう。

本日のさくらんぼの入荷ははこれだけです。
やはり全体量が少ないんでしょうね。
来週あたりから新しい品種が出てくるはずです。


小粒の梅が入荷しています。


さくらんぼのシーズンに入り、すっかり主役交代となったワラビです。
それでも毎日少しずつ入荷があります。


最近は「中竹」は安定して出品が続いています。
米ぬか不要で茹でるだけ。色々な料理にお使いください。


他の野菜たちを見てみましょう。
山形県の特産「オカヒジキ」が出てきました。
さやえんどうがひとつだけ並んでいます。


生のニンニク、珍しい国産きくらげ、もちろん朝日町産です。
ブロッコリーが一袋出ています。


ズッキーニ、カブ、二十日大根。


こちらはキャベツです。
よーく見ると左側のキャベツは頭が尖った形をしています。
近年よく見かけるようになった種類のキャベツで、
丸いタイプより葉が柔らかいと言われています。


こちらはレタスです。
左側は丸い結球タイプのレタス。右側は非結球タイプのレタスです。


キャベツにしろ、レタスにしろ、
頭の尖ったのものあれば、丸くならないものがあったり、
植物の多様性には本当に驚かされます。
自然発生のものもあれば、種屋さんが独自に生みだしたものもありますが、
遺伝子レベルの変異というのは、生命にはごく当たり前のことなのでしょう。
そう考えると、コロナウイルスの変異もごく自然なプロセスということですね。
これから先もどんどん新しく変異したウイルスが発生するのは間違いありません。
どんどん進めば本来のウイルスとは全く違ったものになる可能性もあります。

丸く結球したキャベツは、ご先祖がケールと言われています。


ここからどうやってクルっと丸まったキャベツになったのか・・・。
少し変化して少し変化して少し変化してとやっていくうちに、
段々と姿を変えていったのか、はたまた突然変異で一気に姿を変えたのか。

驚くべきは、ある植物の先祖がキャベツだという・・・。
その植物がこちらです。


ブロッコリー。
野生キャベツの花蕾が肥大してブロッコリーが生まれたと言われております。
そうなると、ケールから始まりキャベツ、ブロッコリーへ。
さらにはブロッコリーからカリフラワーが、という話にまで。
どこまで変化するんでしょうか。
もしかしたらカリフラワーの先が既に誕生している可能性も。

知れば知るほど面白い生命の変遷。
農作物だけではなく、花なんかはどうなんでしょうか。


色の違いはどこから発現したのでしょう。


意外な先祖というのもあるのでしょうか。
興味深い。
生物学者にでもなろうかしら。

お待ちしております。