2021年5月11日火曜日

冬の日課、5月の日課

こんにちは。担当の乃森です。

昨日はとても風が強い日でした。
思い起こせば、4月から風の強い日が長く続き、
自動販売機の空き缶入れの蓋やら、空き段ボールやら、
重ねてあったコンテナや立て看板やらが飛ばされ、
それを片付けるという日が続いています。
本日は比較的穏やかです。
毎日表のテントがギシギシ音を立てておりましたので、
本日まずはひと安心です。

ではお店の様子です。
一気に出てきたワラビを、
生産者のみなさまが同じタイミングで一気に収穫したのでしょう。
本日はワラビも中休みでしょうか。



ワラビの代わりにタケノコたちが急増中。
細竹、または根曲り竹です。熊も大好き。採集には気をつけないといけません。


本日は孟宗竹がゴロゴロしております。
大きなものから小さなものまでゴロゴロ。


フキもたくさん並ぶようになりました。
毎年山菜時期の終わりまで長くお店に並びます。


ウドです。放置すると人の背丈を超えるくらいに成長するそうですが、
大きすぎると食べられず、木質が柔らかいので加工素材にも使えず、
「ウドの大木」というほぼ悪口の言葉は、そこから来ているとか。


こちらにはクワダイが少し、タラの芽も少し、赤コゴミがわずか。
青コゴミがプツリと姿を消しました。


山菜以外の野菜たちはどうでしょうか。
原木シイタケ、エシャロット、ニラが並びます。


三つ葉とサニーレタスです。


アスパラガスです。太くて大きなものが並びます。


表の山野草も置いてあるうちに花が開き始めました。
ヒメシャガは青紫の花。クリン草は白い花。


店内にはスノーボールという切り花が出ています。


なぜ「スノーボール」と呼ばれるのでしょうか。
咲き始めはこのように緑色をしていますが、
次第に白くなり、名前の通り「雪の玉」のように見える花だそうです。
ですがこのように切り花でも白く変化していくんでしょうか。
啓翁桜も切り花の状態でつぼみから花を咲かせますから、
植物の力を侮るなかれということなんでしょうね。

雪の玉といえば、巨大な山のように積み重なっていた雪の塊も、
すっかり溶けて消え去り、雪玉ひとつとして残っておりません。
こんなにあったんですけどねぇ。


本当にこの冬は飽きもせず、毎日毎日毎日雪が降りました。
毎日毎日降る雪を、もう飽き飽きとしながら毎日毎日同じ作業を繰り返し、
日課のように雪片付けをしておりました。
その日課からようやく解放されたところに、また新たな日課です。
5月になると毎年です。
毎日毎日もう飽き飽きとしながら同じ作業を繰り返すのです。

彼らがまた道の駅にやってきました。
スーと華麗に空を舞い、愛らしい姿を見せました。
ツバメの季節到来です。

ツバメの季節が到来・・・・。
そうです。5月の新たな日課は彼らに関係しております。
彼らが律儀にも毎日毎日「落とし物」をしていくわけです。
それを毎日毎日せっせとお掃除するのが5月の日課。
そしてそれはまだ始まったばかり。

ああ、雪片付けを思い出します・・・。

今年はどのくらい雛がかえるでしょうかね。
お待ちしております。

2021年5月9日日曜日

お忘れではないですよね

こんにちは。担当の乃森です。
先日からお伝えしておりますが、2020年収穫のりんごの販売は終了いたしました。
今年の収穫まで店舗への入荷はございません。
朝日町のりんごをご愛顧いただき誠にありがとうございました。

さて、すっかり晴れの気分でいたのですが、本日は雨です。
一昨日の天気予報を見たのか、もっと前の天気予報の記憶か、
晴れ、悪くても曇りくらいのつもりでおりました。
せっかくの休日ですが残念です。それも本日はただの休日ではありません。
みなさま、お忘れではないですよね。
大丈夫ですよね。

ではお店の様子です。
本日も台から溢れるほどの山菜類が並んでおります。


ワラビ、ワラビ、ワラビと。





タケノコも増えてきました。
細竹です。茹でて食べる、焼いて食べる、いろいろいけます。


孟宗竹もゴロゴロと並びます。
私も昨日、勤務を終えた後、6本ほど掘ってきました。
これから我が家の食卓は、怒涛のタケノコ攻めが始まります・・・。


タラの芽、行者ニンニクですね。
ウルイも並んでいます。


コゴミと赤コゴミが少し。いよいよ終盤でしょうか。


ウドです。野性味あふれる独特の風味が人気です。


こちらはフキ。煮物が定番ですね。


あく抜きワラビが本日も入荷です。
手間いらずで便利。味付けはお好みでどうぞ。生姜醤油で漬けこんでもおいしいです。


山菜類に押され気味ですが、他の野菜たちも負けておりません。
食べ応えのあるシイタケ、香気豊かなニラ。


シャキシャキ食感のアスパラガス、小松菜に三つ葉も並びます。


花わさびがこちらに並んでいました。
お隣にはサニーレタス。


そして、本日は人気のアップルパイが並ぶ日です。
笹ゆべしやパウンドケーキもどうぞ。


人気の珈琲かりんとうと、新たに「抹茶ミルクかりんとう」が入荷しました。
迷ったらどちらもどうぞ。


渋い、渋い、そば枕。
陰の人気商品で気がついたら無くなって、気がついたら入荷しております。
小さいものから特大サイズまで種類も豊富です。


山野草も種類が入れ替わり、
現在は「ヒメシャガ」と「クリン草」が入荷しております。


クリン草はこのようにまとまって花を咲かせる可愛らしい植物です。
花の形が見ていて面白いですね。


花と言えばみなさま、お忘れではないですよね。
あの花を。本日が何の日か。
昨年は5月10日の日曜日。
全国緊急事態宣言中、ここ道の駅はまさに休業中でしたので、
そのままの流れで今年も忘れられているかもしれません。
もしかしたら、りんごの森の従業員、誰も気がついていないのかもしれません。
本日が「母の日」だということを。

「母の日」は100年以上前に起源をもち、日本では戦後から段々と定着してきました。
現在は「ひとり親家庭への配慮」ということで、
保育園などでは「ファミリーデー」としたり、新たな形を取り込みながら、
現在も記念日のひとつとして親しまれています。
もう半世紀以上も日本では親しまれているこの「母の日」ですから、
クリスマス・イブと同じくらいに誰もがすぐに思い浮かぶ日であってもいいはずです。

ですが、大変申し訳ございません。
本日のりんごの森は「山菜フェスティバル」ばりに山菜が主役をはり、
「母の日」の雰囲気が微塵もございません。
ああ、なんたること。
販売業を営むのであれば、このような記念日に「乗っかる」のは、
一番のセオリーのはず。
こうなったら今からでも遅くはありません。
ポップや看板を急いで作り、「母の日」を猛烈にアピールするしかありません。

「日頃の感謝を込めて。母の日にワラビを」
「お母さんいつもありがとう。孟宗竹を贈ります」

これはちょっと・・・。
ダメだな・・・。

みなさま、本日が何の日がお忘れではないですよね。
もちろん私は忘れておりましたよ。
すっかり完全に。
何の準備もしておりません。

さて、ワラビでも贈るか。致し方なし。

本日くらいは感謝を伝えて。
お待ちしております。

2021年5月8日土曜日

来年になれば

こんにちは。担当の乃森です。

昨日もお伝えいたしましたが、
最後までりんごをお持ちだった生産者さんのりんごが終わり、
2020年収穫のりんごの販売は終了となりました。
朝日町のりんごをお楽しみいただいた多くの皆様、ありがとうございました。
今年の収穫までしばらくお待ちください。

さて、数日前まで雨の予報だった本日は、雲はありますが晴れとなっております。
気温も平年よりもずっと高く夏日に近いところまで上がりそうです。

こう暑くなってくると、必然的に冷たいものが欲しくなるのが人間ってものです。
外売店の「アップルマルシェ」では、
角切りりんごが入ったソフトクリーム「完熟りんごソフト」を販売しております。
りんごの酸味とソフトクリーム甘さが相まって、爽やかな味わいに。
りんごはもちろん朝日町産です。


店内にもアイスクリームがございます。
ダチョウの卵を使ったアイスから、朝日町産の果実、アーモンドを使ったアイスまで。
ダチョウアイスは珍しいですね。


数日前から急に気温が上がり、それに合わせるように急にワラビが増えてきました。
山菜が最盛期に入ろうとしています。


ワラビが一気に出てきました。


タケノコもようやくです。
大きな孟宗竹も並びました。


根曲り竹、または細竹です。


シドケ、タラの芽。


フキも増えてきました。


ウドです。


コゴミです。
気温が高くなってきたので、もう葉っぱが出てきてしまう頃でしょうか。


行者ニンニクです。立派なのが出てきましたね。


 山菜以外の野菜たちです。
小松菜、茎立ち、からし菜、ニラも出てきました。


アスパラがたくさん出てきました。サニーレタスも並びます。


三つ葉と二十日大根とエシャロットです。
エシャロットは若採りらっきょうです。


あく抜きワラビを忘れておりました。
本日から少しお安くなって出ております。


そして昨日の「七ヶ浜デー」で販売を行っていた海産物も並んでおります。


こちらは「麩」の商品です。
生麩や麩でできた饅頭、麩でできたシュウマイもございます。


朝日町の特産「朝日町ワイン」です。
数量限定「一升瓶」ワインもまだまだございます。


昨年の今頃、我々道の駅はまだ休業要請の中にありました。
営業を再開したのが5月11日。
ついこの間のように鮮明に記憶が残っているのですが、
早くもあれから1年が経ったわけですね。
来年になれば収まっているかもしれない、
とどこかで思っていたあの頃の私。
甘かったですね。収まるどころか状況は悪くなっておりました。
白髪が目立つようになり、中性脂肪、血圧、ついには肝臓の数値まで。
ついでに老眼も始まりました。
定期的にやってくる坐骨神経痛。時々痛む膝。
「膝が痛いってどういうことさ?笑っちゃうね」と
若さを謳歌していた私を叱ってやりたい。
一年、また一年と齢を重ね・・・
あら、感染症の話からいつの間にか私の話に。

感染症の収束と私の健康。
来年は本当にどうなっているんでしょうか。

とりあえず今は基本的な感染防止策を徹底するしかありませんね。
皆さまも感染症防止にご協力ください。
どうぞお気をつけてお越しください。
お待ちしております。