いよいよりんごが数を増してまいりました。甘いりんごも登場です。
乃森

2018年10月9日火曜日

林先生のお言葉

こんにちは。担当の乃森です。
まずはこちらから。

==本日のりんご=======
・秋陽
・シナノスイート
・秋映
・紅玉
・千秋
・弘前ふじ
・出羽ふじ
・シナノドルチェ
・ほのか
・紅将軍
・ジョナゴールド new!!
================

三連休が明け、気持ちのいい晴れ間の火曜日です。
いつものように連休明けは入荷が少し減りますね。

本日はこちら。

バラエティー豊かなカボチャたちです。
昨日、また珍しいカボチャの種を手に入れたと、
生産者の方が話しておりました・・・・。
どんなのが現れるのでしょうか。



食用菊は彩り豊かです。



新米。




さて果樹たちです。
連休中に比べると、テーブルが少しさびしい感じです。






昨日からシナノスイートが並び始めました。
甘くて人気の品種です。
本日もいくつか出ています。







次から次にりんごが出てきますが、
苦労するのが「味を言葉で伝える」ことです。
甘い、すっぱい、うまい、まずい。
どのくらい甘い、どのくらいすっぱい。
人の感覚も人それぞれ。ましてや形がありません。
「食べれば分かる」とはこれまさにですが、
同じ品種でもりんごもそれぞれ味が違いますので・・・。
ふーむ。

言語は意思伝達においてとても有効なツールではありますが、
「感覚」を表すのには適していません。
これは言語を操る人間の永遠のテーマです。

私が若かりし頃、今ではすっかり全国的に有名になった
林修講師の講義を受けたことがあります。
ある同僚の講師が発した言葉としてこう言っておりました。

「言葉はいつも思いに足りなくて」

講義の内容は忘れましたが、
なんだか深く納得して
この言葉ははっきり覚えています。
しかし、どんな流れからこの話になったんでしょうか。

シナノスイート、甘いです。
伝わるでしょうか。

お待ちしております。